すごく揺れる列車だそうです    JR北海道その2

こんにちは

JR北海道・石勝線第一ニニウトンネルで特急「スーパーおおぞら14号」の脱線炎上事故

syanai
この写真を見ますと完全に燃え尽きてしまったようですね
ふと思うことは いくら指定席でも多くの人が乗られるのです
スプリングクラーは電車には装備してなくていいのかな?
装備してたらここまではならないだろうし
電車にスプリングクラーは見たこと ないですね。


☆☆☆☆☆
昨日、このブログの訪問者を見てまわった時にお名前はメモっていなかったので
わからなくなってしまったのですが ある方Aさんのブログに「特急スーパーおおぞら」
のことがでていました。

Aさんは北海道にお住まいでお仕事で道内の特急は乗られたことがあるそうです
「特急スーパーおおぞら」に乗った時はコーヒーが2度ほどこぼれそうになったとか
Aさんは他の道内の列車はこんなに揺れたことがないほどだとか・・・・

Aさんは列車が大丈夫か心配になりAさんのとこに現れた車掌さん声をかけたそうです
車掌さんは他の特急は距離が短いがこの特急は距離があるのでスピードを出して走るので
揺れるんです
と言われたそうです。


Aさんが大丈夫か心配になるくらいに普段が揺れるので部品が落ちたり脱線も
気づきにくい 特急だと書いてありました。




私は25年前に釧路~札幌間を乗ったことあるんですが 揺れたかな・・・ と
記憶にないのは 当時は特急代金が高いのでやめたのでした(車内は普通でした)

私はこのブログを見て驚きました。
私の住む所の私鉄はJRほど車両は長くなく短いが揺れないです。
車両の不具合・線路の異変を運転手が感じるとか聞いたことがあります。




ありがとうございます。
動くなと言われてもトンネル内の車内に煙が入ってきたら怖いですね。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

JR北海道 なんかおかしいよ~

こんにちは

JR北海道の石勝線の第一ニニウトンネルで特急「スーパーおおぞら14号」の事故って
驚きですよね だってトンネル内で煙・・・・・  緊急停車?

事故の運転士は指令センターに「火災は発生していない」と報告したため指令センターが火災を
知るのに2時間後に北海道警から「火が見える」と聞いて把握したとか それまで運転士は
何してたの?  指令センターに連絡方法がなかったの? 最悪は乗客の携帯借りて連絡は?


oozoraoozora
  こんなに素敵な列車が

  → こんなになっちゃった


   6両全焼だって

車内も素敵にできているみたい


事故原因も必要だけど・・・・  乗務員は「やたらに危険だから車両から出ないように」
言われているだろうが煙がでているのに簡単に電車を動かせるわけないじゃない! 
即刻反対車両を止めるのに指令センターに連絡が必要だと素人の私だってわかりますよ。
200人からの人が線路に降りるのだって高さがあり時間がかかるのに
乗務員(この時は運転士と車掌)は何してたの?


ozora-kasai     この映像を見て驚いた!
   ・顔がこんなに黒くなるくらいなのに乗務員は誘導なし
   ・バスを用意したけど22時発生で外は明るくてもまだ足止め
   ・おでこピタしているのにウオッティッシュ用意できない
   ・スーツだって汚れているどうするの


これだけ私は思いついたけど いくら北海道トンネルの山の中 携帯は使えなかったのかな?
でも取材陣が来ても事故のままでいた乗客がものすごく不安で命からがらだったことが改めて
わかる ↑ 写真ですね。


指令センターの人だって「トンネル内で煙が発生で緊急停車した」これは認識
したんだから(ここはディーゼル)すす対策考えないの?
燃料に引火しなくて本当によかった そんなことなったら2次災害もあったかも

大きな組織になると事件が起きても人任せ? マニアルださないと処理できない?
あの名文句が頭に浮かぶ私「事件は現場で起きているんです」 こうだったっけ?
乗務員教育しないとだめだね。


乗客が車両のドアを開けたとか 決断力のある人がいて不幸中の幸いだったのでしょうね





今日もありがとうございました。
こんな事故が起きると誘導してくれなければどうしたらいいかわからないですよね トンネル内なんて
本当に怖い! 運転士は脱線に気づかないの・・・・・  車両は全焼してしまったけど大きなけが人が出なくて
よかったですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
     
キネンビ
プロフィール

Unaonao

Author:Unaonao
家で育てている花や外出先で見かけた花・鳥・昆虫を紹介します。

花個紋時計
グリムス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる